北海道 貸切バス・ジャンボタクシーのご用命は札幌の虹色トラベル株式会社へ

(011)213-7655

運輸安全マネジメント

虹色トラベル株式会社 (以下、「当社」) は、道路運送法 (以下「法」) 第二十二条の二の規定に基づき、輸送の安全を確保するために遵守すべき事項を定め、もって輸送の安全性の向上を図ります。

安全方針

  1. 輸送の安全に関する基本的な方針

    輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底、輸送の安全に関する計画の策定・実行・チェック・改善 (Plan Do Check Act) を確実に実施し、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

  2. 輸送の安全に関する重点施策

    輸送の安全に関する方針に基づき、次に掲げる事項を実施します。

    1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程、運行管理規程、整備管理規定、その他の社内規定に定められた事項を遵守すること。
    2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。
    3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じること。
    4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
    5. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施すること。
  3. 輸送の安全を確保するための事業の実施及びその管理の体制

    1. 社長は、輸送の安全の確保に関する最終的な責任を有する。
    2. 輸送の安全の確保について責任ある体制を構築し、輸送の安全を確保するための企業統治を適確に行う。
    3. 取締役のうち、旅客自動車運送事業規則第四十七条の五に規定する要件を満たす者の中から安全統括管理者を選任する。
    4. 安全統括管理者は、次に掲げる責務を有する。
      1. 全社員に対し、関係法令等の遵守と輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底すること。
      2. 輸送の安全の確保に関し、その実施及び管理の体制を確立、維持すること。
      3. 輸送の安全に関する方針、重点施策、目標及び計画を誠実に実施すること。
      4. 輸送の安全に関する報告連絡体制を構築し、社員に対し周知を図ること。
      5. 輸送の安全の確保の状況について、定期的に、かつ必要に応じて、随時、内部監査を行い、経営トップに報告すること。
      6. 経営トップ等に対し、輸送の安全の確保に関し、必要な改善に関する意見を述べる等必要な改善の措置を講じること。
      7. 運行管理が適正に行われるよう、統括運行管理者とともに運行管理者を統括管理すること。
      8. 輸送の安全を確保するため、社員に対して必要な教育又は研修を行うこと。
      9. その他の輸送の安全の確保に関する統括管理を行うこと。
  4. 平成29年度 運輸安全マネジメント 実施目標、および前年度結果

    当社では毎年度初めに実施目標を定め、社員一同、安全確保の重要性への意識付けを徹底しています。

    平成29年度 運輸安全マネジメント 実施目標 平成28年度 運輸安全マネジメント 実施結果

  5. 緊急時連絡体制について

    現場から、社内担当者・会社責任者・救急・警察・消防・運輸局・北海道バス協会・工場まで、スムーズに連絡が行き渡るよう、日常的に体制を整えています。

    緊急時連絡体制

  6. 安全管理規定

    上述を完全に網羅した規定「PDF 安全管理規定 (PDF)を公開しています。」

  7. 運輸安全マネジメントに関するお問い合わせ

    虹色トラベル株式会社 電話011-213-7655(代表)、
    又はメールアドレス info@nijiiro-travel.jp までお問い合わせください。

2013年12月1日制定